銀行カードローンを利用する為に知っておきたい事とは

MENU

銀行カードローンを利用する為に知っておきたい事とは

カードローンの利用は銀行だけでなく消費者金融でも利用をする事ができます。一般的に使われている消費者金融でのキャッシングという言葉は、そのサービスの内容も実は銀行のカードローンと殆ど同じであり、カードを利用してお金を借りる事も同様となっています。
その為に「カードローン」は、銀行だけでなく消費者金融でのキャッシングでも使われる言葉なのです。

 

カードローンは銀行も消費者金融も良く似ている反面、大きく違う部分もあります。銀行でのカードローンの利用をする場合には、総量規制の対象外となっています。その為に年収の1/3以内に借入限度額を制限される事はありません。
一方消費者金融では総量規制により借入限度額に制限があり、50万円を超える借入申込みには収入を証明する書類の提出が必要になります。
銀行のカードローンでは200万円から300万円くらいまでは収入証明証の提出が必要ない場合が多くなっています。

 

 

 

 

【銀行カードローンを利用する時の金利とは】

 

銀行でカードローンを利用する時には、消費者金融よりも低金利で借入れが可能になります。金利は利用をする業者から高額な借入れ限度額を設定される事により、低い金利でお金が借りられるようになります。初めから高額を借入れる事はどちらの場合でも難しいですが、徐々にその枠を増やす事により最高利用限度額までの借入れも可能になります。

 

銀行カードローンは高額の利用に向いています。最低限度額は10万円に設定されている銀行も多く、最高額では800万円から1,000万円という高額の借入れも可能になっています。また金利の安さから、長期に渡る借入れをする場合にも銀行カードローンはオススメと言えます。

 

一方消費者金融での利用は1万円からの利用が通常となっていて、中には無利息期間を設けている消費者金融もあるので、少額利用である事や短期で完済が可能な場合にオススメと言えます。

 

 

 

 

【銀行カードローンの審査は厳しい?】

 

銀行カードローンの申込みをすると、審査が開始されます。その際に実際に審査をするのは保証会社であり、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行等の大手の銀行の審査でも同様に保証会社が審査を行います。その場合に利用する保証会社では、アコムやプロミス、オリコ等の消費者金融やクレジットカード会社等が該当します。
一般的に銀行の審査は時間が掛かると言われていますが、例えば消費者金融のアコムが行う三菱東京UFJ銀行のカードローン審査では最短で30分で審査が完了して即日融資も可能になっています。

 

そして銀行の審査は消費者金融よりも厳しいという事が言われていますが、確かに同じアコムの行う審査では、アコムのカードローンを利用する方が、三菱東京UFJ銀行のカードローン利用に比べて審査に通りやすいという事はあるようです。

 

 

 

 

【銀行カードローンの利用方法〈借入れ・返済〉】

 

銀行カードローンのの利用には一定の条件によっては利用ができない場合や、利用が不便に感じる事もあります。それは振込キャッシングの対応をしていない銀行がある事や、その銀行の口座を持っていないと利用ができない場合等、利用の方法を選べない事もあります。その場合にはローンカードが発行された後でATMを利用して借入れをする事になります。

 

それに対して消費者金融ではどの会社でも振込キャッシングの対応をしているので、インターネットで申込みをして振込みで利用をする事で、自宅にいながら借入を素早く行う事ができます。

 

返済方法は、銀行も消費者金融も振込やATM利用、口座振替に対応をしています。

 

 

 

 

【銀行カードローン返済の延滞に対する取り立て】

 

銀行カードローンの返済の延滞については消費者金融とほぼ同じ手順になります。延滞が長期となると保証会社が債務の支払いを代行する事になり、利用者に請求をする事になります。その場合の取り立ての方法はとてもスマートで、銀行の名前で自宅や職場に電話を掛けて返済を求めるという形になっています。

 

そしてその督促にも応じない場合は、消費者金融での取り立てと同様に裁判に掛けられたり、給料の一部を差し押さえれたりする事もあります。

 

銀行でお金を借りる方法